公開日: 2019年7月2日 - 最終更新日:2019年7月10日

人事部の仕事の魅力とは?東京の採用人事担当者インタビュー

FUJIKON HOLDINGS編集部FUJIKON HOLDINGS編集部
  • シェア
  • twitter

今回のインタビューは、東京支社で人事を担当されている牛島さんにお話を伺いました。
東京支社で勤務されていますが、福井本社の採用人事も担当されています。
営業事務で入社された牛島さんの激動の1年半をインタビューいたしました!

社員プロフィール

牛島
2018年中途入社
総務経理部 人事担当 係長
東京支社でFUJIKON HOLDINGS全体の採用人事を担当する。

 

新しいことにチャレンジしたい!転職を決意

転職したきっかけは何ですか?

前職は容器メーカーで営業をしていました。
転職しようと思ったきっかけは「もっと営業とは違う仕事がしてみたい」という気持ちからです。
フジコンに応募した理由は、営業事務という人をサポートする仕事をしてみたいと思ったからです。勤務地が自宅から近かったのもありますけれども(笑)

どんなお仕事をしていますか?

最初は営業事務の求人で入社をしました。
入社した時期は、柏に物流倉庫を立ち上げる計画があり、関東の人手が足りない状況でした。
人手を集めるため求人を出したり、人の手配に関わったりしたことから、そのまま採用を含めた全ての人事を担当することになりました。

人事の仕事のやりがいは何ですか?

何より人と会うのが楽しいです。
採用活動をしている際に優秀な人と出会えると、とてもワクワクします。
この人と仕事できたら、とても楽しいだろうなと感じることもあります。
実際に入社してくれるともっと嬉しいです。
これは人事という会社の外と関わっていく仕事だからこそのやりがいだし、魅力かなと思います。

 

中小企業だからゆったり…?いやいやスピード感がすごい!会社の魅力!

入社した時、ギャップはありましたか?

ギャップはかなりありました。
本社が地方の会社だからのんびりしているのかなと思っていたのですが、スピード感があり驚きました!
そのギャップから「全く想像もしてなかったところに来たなー」と思いましたが、未知の世界に触れることで、逆に面白さを感じています。
また社長との距離が近く、一緒に仕事を行うこともあることに驚きました。
スピード重視で、社長から直々に指示が飛んできます。

どのような社風ですか?

一言で言うと、とてもアクティブな社風です。
上下関係もコミュニケーションのやり方次第で変わります。
上司に言い辛いこともあるかもしれませんが、責任感を持ち、どのように説明するのか・説得するかを考え、伝えることで、自分の意見を通すことができます。

自分からやりたいと言えば、どんなことでもチャレンジでき、挑戦するチャンスがたくさんあります。
チャンスが多いため、成長するきっかけもたくさんあり、自分の成長を早く感じることができると思います。

会社も社員に対して、「成長して欲しい」といった想いがあり、社員の成長を応援してくれる雰囲気があります。
また、3回の産休・育休を経て、現在も活躍している女性社員もいます。
社員の約半分が女性で、管理職も多くいるので、女性も働きやすい職場だと感じています。

福井本社と東京支社の違いはありますか?

やはり福井本社の方が働いている社員が多いので業務管理の仕事も福井本社が中心に行っています。
福井本社でできない人事や広報のサポート等を東京が中心に行っています。
会社をアピールすることは拠点に関わらず必要性を感じています。
私が担当している採用と広報活動には通じることがあるので、うまく連携して会社の魅力を発信していくのが課題です。

 

モットーは楽しく仕事すること!

仕事をしていて大変なことは何ですか?

人事は「人」と密に関わる仕事です。
「人」は自分の思い通りには動いてくれません。
「こういう風に感じて欲しい」と思っても全く違うことを考えていたり…
もどかしさを感じることも多々ありますが、それが面白さでもあります。

問題や壁にぶつかった時、どのようにしますか?

壁にぶつかった時には上司はもちろん現場にも相談します。
採用人事では新しく入社する社員と現場社員との橋渡しもするのですが、新入社員が会社に馴染めるようにするためには現場社員との協力が不可欠です。
何かあった際、すぐに問題を解決できるよう、現場とのコミュニケーションを常に意識しています。

仕事をする上で大事にしていることはありますか?

とにかく楽しむ!これを本当に意識しています。
楽しい時じゃなくても、それこそ困難な時だって、それすら楽しむくらいでやっています。
私が仕事を長く続けていくための秘訣ですね。

1年半働いてみて、自分が変わったなと思うきっかけはありますか?

人事として必要な採用サイト含め、FUJIKON HOLDINGSのホームページのリニューアルに関わるのがきっかけで大きく自分の考えが変わりました。
ホームページを整える際に、改めてどのような会社なのか、どのような人に来てもらいたいのかといったことを考え、ホームページに反映しました。
それによって会社をアピールすることができ、応募者の質が上がったことに気付きました。
応募者を待っているだけでなく、人事からも発信していくことで、採用活動に大きく繋がることが分かったので、さらに多くの人に伝えられるように奮闘中です。

 

みんなでワクワク楽しく働いてほしい!

今後の目標を教えてください

私が人事としてやりたいことは沢山あります。
一番の目標は、採用面でも会社としても「人」が自然と集まる会社にしたいです。
そのためにはまず、社員が本来の仕事で本領発揮できるような仕掛けや人事制度をどんどん作っていきたいと考えています。

これから入ってくる人に伝えたいことはありますか?

失敗を恐れないで、とりあえずやってみて!と言いたいですね。
FUJIKON HOLDINGSは自分の得意分野を伸ばして、自分で仕事をつくっていける環境です。
これはセクションが分かれていないからこそ垣根を超えて仕事を創造できるという中小企業ならではのいいところです。
様々なことにチャレンジができるので、自分が楽しいと思うことを見つけて働き続けて欲しいです!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
FUJIKON HOLDINGS編集部

FUJIKON HOLDINGS編集部

FUJIKON HOLDINGSのスタッフです。FUJIKON HOLDINGSに関する最新情報や採用に関する情報を発信してまいります。

カテゴリー

月別アーカイブ