公開日: 2020年5月30日 - 最終更新日:2020年6月1日

「次亜塩素酸水」の空間噴霧についての報道に関するお知らせ

FUJIKON HOLDINGS編集部FUJIKON HOLDINGS編集部
  • シェア
  • twitter

お客様各位

FUJIKON HOLDINGS株式会社

代表取締役 藤田徳之

お知らせ

 

前略 いつも大変お世話になり心から感謝申し上げます。

この度、2020年5月29日 独立行政法人製品評価技術基盤機構(以下 niteと言う)が発表した【次亜塩素酸水の空間噴霧について】の報道に対し当社の見解を述べます。

1.次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに対し代替消毒方法として有効であることは2020年4月15日のniteが発表した【検証対象となる物資の選定について】の見解で認められております。

2.空間噴霧効果について

(1)「新型コロナウィルス」や「インフルエンザウィルス」など特定の菌・ウィルスに係る疾病予防や治療の効果については検証しておりません。

(2)当社のウイルキラー(次亜塩素酸水)は、噴霧器を用いた噴霧によるウイルス不活性化効果の検証を行っておりウイルスを不活性化できることの確認を行っております。

(3)当社のウイルキラー(次亜塩素酸水)は、動物実験による安全性評価の検証をしており安全性の確認も行っております。

(4)人体への影響については人体実験は認められておらず、当社のウイルキラー(次亜塩素酸水)を適正な濃度で噴霧することでは、先の動物実験での安全性の確認に準じて
危険性はないものと考えております。ただし、今後の行政の定める検証試験方法が確立されるのを待ち、確立され次第、検証試験をさせていただきたいと考えております。

なお、空間除菌の有効性についてを取り上げた一部報道でスプレータイプの商品までも有効性が認められてないと誤解する表現がありました。当社のウイルキラー(次亜塩素酸水)400ml並びに100mlは物品への代替消毒方法として厚労省やniteで有効性は認めらており各業界ガイドラインに沿った除菌方法としてお勧めいたします。

また、次亜塩素水という名前を打ち出しているものの、効果や安全性の検証も不明確であったり、PHや濃度の不明確な類似商品が多く出回っておりますので、くれぐれも御注意下さい。

 

参考文献 帯広畜産大学「新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の不活性効果の証明」
一般財団法人食品分析開発センター「次亜塩素酸水溶液を用いた強制通風システムによる空間微生物の制御」

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
FUJIKON HOLDINGS編集部

FUJIKON HOLDINGS編集部

FUJIKON HOLDINGSのスタッフです。FUJIKON HOLDINGSに関する最新情報や採用に関する情報を発信してまいります。

カテゴリー

月別アーカイブ