公開日: 2019年2月3日 - 最終更新日:2019年2月3日

節分

てらしたてらした
  • シェア
  • twitter

ブログ担当のてらしたです。

どんな内容を書こうか、考え節分を選びました。

1月も終わり2月がスタートしました。

1月は行く

2月は逃げる

3月は去る

というそうです。
正月から三月までは行事が多く、あっという間に過ぎてしまうことを、調子よくいったもの。

引用

https://kotobank.jp/word/%E4%B8%80%E6%9C%88%E5%BE%80%E3%81%AC%E3%82%8B%E4%BA%8C%E6%9C%88%E9%80%83%E3%81%92%E3%82%8B%E4%B8%89%E6%9C%88%E5%8E%BB%E3%82%8B-687989

2月の行事で思い付くのは、

節分とバレンタインデーでしょうか?笑

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季ける」ことも意味している。
太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準(月切)にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準(節切)にした立春は、ともに新年ととらえられていた。したがって、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことになる。今も節分を「年越し」「年取り(数え年とは、生まれた日を1歳とし、誕生日に関係なく新年に皆が年を取る数え方)」と呼ぶ地域があるのはこの名残である。
本項目では、立春の前日、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる

3日は、厄除けに豆まきしたり、恵方巻きをたべた方も多くいたと思います。私は前日に出雲大社福井分院にいき、節分用特別御朱印をいたただいてきました。

魔除けカラーの切り絵がされたものです。

切り絵も商売繁盛を祈念して七福神から恵比寿天様と大黒天様が表示されてます。ぜひ、あやかりたいとおもいます。笑

2019年もよいスタートとし、60周年企画も控えていますので盛り上げていきたいとおもいます。

てらしたでした。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
てらした

てらした

てらした

最新記事 by てらした (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket