公開日: 2019年8月17日 - 最終更新日: 2021年10月12日

眼鏡講座③色々な眼鏡の素材紹介!

めがねのまちさばえPR隊めがねのまちさばえPR隊
  • シェア
  • twitter

こんにちは、こんばんは、おはようございます!!フジコンホールディングス 購買部の中尾です!!

 

まだまだ暑い日が続きますね~。

食欲があまりでない時期ですが私は福井県名物おろしそばを食べてリフレッシュさせています!!

 

特にわたしが好きなお店が2つありまして1つ目は福井の永平寺町にあります【けんぞう蕎麦】です。麺は細目で辛味大根と一緒に食べるのですがこれがとてもさっぱりしていて美味しいです!!2つ目が福井の越前市にあります【森六】というお店です!

こちらは麺がとにかく太いです!!うどんくらいあります(笑)しかし太い分蕎麦の香りも強く食べ応えもあるので福井県でおろしそばを食べる機会がありましたら是非立ち寄ってみてください!!

 

 

おろしそばの紹介をしましたがこっからが本題です(笑)

前回の記事では私の好きな眼鏡を紹介しましたが今回は眼鏡の素材について書かせて頂こうと思います!!そもそも素材なんて気にしない、見た目が良ければなんでもいいと思う人もいるかもしれません…………が!素材によって耐久性・耐熱性・柔軟性・重さ・値段が変わってくるんです!!眼鏡を買う際に知っておいて損はないと思いますので是非読んでみてください!!

 

 

現在、市場で取り扱われている眼鏡素材の種類の中で「プラスチック素材」と「メタル素材」があります。「プラスチック素材」と「メタル素材」は、軽くて安価なモノが多いため、フレームの形やカラーの種類が比較的に多いです!!

 

そして「プラスチック素材」と「メタル素材」と言っても色々な素材が存在します。

 

プラスチック素材

プラスチック素材は金属よりも長持ちはしませんが、カラフルな色や柄のフレームをつくることができるのが特徴の1つです。主に以下の種類があります。

アセテート

・天然セルロースを原料でできた素材で燃えにくく、加工しやすい、という点からプラスチック素材の中で最も主流で、プラスチックフレームの大半はこのアセテートになります。1回分の材料で少量ずつつくれるため、カラフルで様々な種類のメガネをつくることができます。また、素材が軽いことから目の負担が少ないのも優れている特徴です。

セルロイド

・ニトロセルロース(綿の一種)と樟脳(よく虫よけや芳香剤にしようされるもの)から作られた合成樹脂になります。燃えやすく、硬いという性質があるため加工が大変難しく、一流の職人が扱っています。以前はプラスチックの素材の中で主流だったのですが、材料の関係上1回分で大量のメガネが作れるため、逆に効率が悪いのが短所でした。そんな時に1回分を少量で生産できて多種類のメガネをつくれるアセテートが出てきたことから、セルロイドは現在あまり使われなくなりました。ですが、アセテートよりも耐震性が強く、形状保持性があります。また、ツヤがあり、安っぽくないので、メガネ好きには好まれる素材になります。

ウルテム

・もともとは耐久性・耐熱性・柔軟性といった点に優れていることから宇宙関連でよく使用されていました。最大の特徴はとにかく柔らかく、フィット感が抜群だということです!!そのため、メガネ界の中では最も注目を浴びる特殊プラスチック素材なのです!!ウルテムが注目されるようになったのはJINSのエアフレーム(Air frame)が始まりとされており、今ではZoffやメガネスーパーなどといった大手メガネメーカーでも「軽量メガネ」としてウルテムを使用した眼鏡が販売されています!

 

メタル素材

次にメタル素材ですが種類によって特徴が大きく異なります。プラスチック素材と同様、メガネの中でも定番の素材となっており、かけるとクールな印象を与えるのでビジネスシーンにぴったりです!!主に以下の種類があります。

チタン

・チタンはメタル素材の一つで、アルミと鉄の中間の金属です。メタル素材の中では最も多く使われています。人気の秘密は大きく3つあり、1つ目は塩分に強く錆びにくいことから、汗に強い点。2つ目は皮膚にあまり影響を与えず金属アレルギーの人でもかけられる点。3つ目は軽くて、かけやすい点。この3つの点から、1日中かける人にとっては最適な素材となります!

ニッケル合金

・古くから使われており歴史ある素材になります。約90%がニッケル、そのほかが鉄・スズ・クロムの配合です。長所としては汗や水に強く、錆びにくい・メッキが剝がれにくいという点が挙げられます。反対に短所としては、チタン等といった他の素材と比較すると少し重い点です。安いフレームに使われることが多いのですが、ニッケルという素材は金属アレルギーを起こしやすいため、かける前に確認が必要です。

アルミ

・金属の中でも軽さと加工がしやすいという点で優れている素材になります。大きめのデザインでも軽量で作ることが可能です。

βチタン

・弾力性が特徴で顔にしっかりとフィットします。メガネの横幅が広がってしまったり、耳への負荷を防いでくれます。

ゴムメタル

・ゴムメタルは金属でありながらゴム製でもある素材になります。軽いうえに、ゴムが持つ弾力性と壊れにくいのが特徴で、その軽量さと強度さは子供用メガネにぴったりです。また、金属アレルギーの人でも影響を受けにくく、安心してつけることができます。

さいごに

今回紹介したプラスチック素材、メタル素材以外にも2つの素材を合わせた「コンビネーション素材」や、べっ甲、木製でできた「自然素材」もあります。素材によって特徴が全然違うので素材の特性を理解して今後眼鏡選びをしていきたいですね。今回私が紹介した素材はほんの一部なので時間があったら是非皆さん調べてみてください!!新しい発見があってきっと面白いと思います!!今回の記事が少しでも皆さんのメガネ選びの参考になれば良いなと思います!それではまた次の記事でお会いしましょう~~~!!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
めがねのまちさばえPR隊

めがねのまちさばえPR隊

めがねのまちさばえPR隊

最新記事 by めがねのまちさばえPR隊 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カテゴリー

月別アーカイブ